活動・飲食ニュース

「俺の街」「私の街」を創るための第一歩です。



当社の営業活動のひとつに「エリアパトロール」という活動があります。

聞きなれない言葉ですが、パトロールといっても「事故や事件の早期発見や防犯のため」のパトロールではありません(笑)

店舗出店者様にとって、希望条件に合う物件に出会えたとしても、出店の意思決定をする際に、そのエリアの属性や特徴を詳しく知ることは、非常に重要なことです。

東京には、山手線の内側に約100駅、23区内に約500駅、東京都内に約1,000駅が存在し、出店希望者様が、すべての駅の特徴や特性を、詳細に把握することは難しく、私たち店舗専門不動産会社のプロフェッショナルが、都心エリアを隈無く把握することで、有益な情報を提供することが可能になります。

エリアパトロールの活動頻度は各々、

毎週2回
1回60分
月に8回
年間約100駅ほど行い(現在30名程稼働)、都内は完全に網羅出来ている状態ですが、10年近く在籍している営業も相当数いるので、「降りたことのない駅はない」「知らない駅はない」「行ったことのない駅はない」状態になっています(笑)

パトロールのポイントとして、立地特性や属性は当然ですが、「駅別エリアシート」という60個ほどの項目を記載するツールを使用し、例えば、ラーメン店・焼肉店・居酒屋など業態別繁盛店の「店名や立地」「曜日別・時間別の満席率や客層」などを把握します。

ほかに、「出店希望者様の競合業態の把握」や、「店舗向け導線名や通行量」、「近隣の大企業名や社員数」「ドミナント企業の店名や店舗数」「直近の新店」など、現場に足繁く通うことで、出店希望者様を成功に導くために、リアルな生の情報を提供しています。

次回は、エリアパトロールの「リアルな活動の中身」を紹介をしていきますので、楽しみにしておいて下さい。

 

この記事をシェア

こちらの記事も読まれています

居抜き物件を探す - 注目物件

居抜き物件の内覧会に参加する