居抜き出店 成約の五箇条

店舗に目星がついたら…居抜き出店 成約の五箇条

飲食店舗賃貸のプロがサポートします

よい物件は他の出店希望者との競争になりがちなもの。 段取り・計画性・礼儀の積み重ねが、結果的に居抜き出店の成約率を飛躍的にアップさせます。このページでは、居抜き出店に当たっての心構えをまとめました。

STEP1店舗内覧前に物件の概要情報を収集

店舗内覧をする際は不動産業者様や現テナント様との時間調整が必要になります。
立地の確認・近隣競合店の確認・店前通行量の確認・間口や導入の確認・看板設置箇所等、事前に物件概要を把握した上で内覧に入ると評価が高くなります。

STEP2時間厳守

時には不動産業者様が遠方から来られる場合や、人気の物件だとアイドルタイムや多忙な時間を割いての内覧のケースが多々ありますので、約束時間厳守は必然です。

STEP3業態資料を作成

貸主様や不動産業者様は、どんな店舗を?どんな商品で?どんな価格で?どんな人が?運営するのか?が、大きな関心事です。言葉だと正確に伝わりにくいので、業態資料として提出すれば成約確立は高くなります

STEP4交渉の一本化

交渉窓口がバラバラだと、まとまる話もまとまりません。窓口は一本化し、内覧の際に店内での交渉は基本NGです。成約に対する懸念内容や、返答の納期を正確にお伝えすると成約確度が高くなります。

STEP5事業計画書を作成

貸主にとって、出店者がどのような計画を立てて店舗を運営するのかは最も大切なポイントです。まずは、コスト・リスク・収益性・ターゲット等を明確にした事業計画書を作りましょう。
これは出店交渉の場面だけでなく、その後の借り入れや実際の店舗経営にも大いに役立ちます。

  • 無料会員登録
  • 居抜き店舗.comとは?
  • 物件探しから成約までのフロー
  • 居抜き出店入門
  • 居抜き出店成功の五箇条