活動・飲食ニュース

「若松河田」新宿区第二のコリアンタウン!歴史の深い飲食店が多数あり!

2021.07.13

若松河田は、下町らしさが残る住宅街から高級マンションなど新旧様々な住宅が建ち、医療施設も複数あるため住環境に優れています。駅周辺には歴史あるレストラン「小笠原伯爵邸」やいちご大福を初めて作った老舗和菓子店があり、メイン通りから少し入ったところには個人運営の商店・飲食店が並びます。

駅名 / 駅所在地

駅名 若松河田
駅所在地 東京都新宿区河田町10

路線 / 利用状況

都営大江戸線 32,326人
乗降者数:計 32,326人
※1日平均の乗降客数:都営大江戸線(2019年度 鉄道会社HPより)

各出口の特徴

河田口 小笠原伯爵邸や国立国際医療センターにアクセスしやすい出口。
若松口 東京女子医科大学にアクセスしやすい出口です。近くにはスーパーもあるため、地元住民の利用が比較的多いようです。

街の立地特性

住宅街

街の特徴

  • 駅名は、「若松町」と「河田町」の2つの町名が由来となっています。
  • 駅の所在する若松町は、新宿区のほぼ中央に位置しており、その大部分が標高30Mを超える、新宿区でも高台にある街になっています。
  • 江戸時代には「尾張藩徳川家下屋敷」など武家屋敷が多く存在しており、広い敷地を持った武家屋敷は明治維新以降、東京女子医科大学病院や旧フジテレビの本社に利用されました。1997年にフジテレビはお台場に移転しましたが、跡地には高層住宅とスーパー・クリニック・保育施設などが入る複合高級団地の「河田町コンフォガーデン(現 河田町ガーデン)」が誕生し、利便性が高まりました。
  • 駅周辺には「東京女子医科大学病院」をはじめ、「国立国際医療研究センター病院」といった複数の医療機関があります。そのほか、駅前にはスーパーや区役所の出張所など生活利便施設が揃っており住みやすい街となっています。
  • 河田町コンフォガーデンの向かいには「東京韓国学園」があり、女子医大通りにはハングル語で書かれた電柱広告が並んでいます。河田町コンフォガーデンは韓国籍を持つ富裕層世帯に人気が高いようで、大久保駅に続く新宿区第2のコリアンタウンにもなっています。
  • 大久保通り沿いにある「若松商店会」は、長年営業する飲食店や惣菜屋が出店する地域密着型の商店街です。沿道には街路樹が多く、のんびりとした下町らしい雰囲気があります。元々は、このエリアの商人が「親商会」という親睦会を始めたのをきっかけに、昭和3年には前身である「若松商工会」が結成されました。昭和20年には大空襲で付近一帯は消失してしまいますが、次第に商店が建ち、地域住民の生活を支える商店街となりました。
  • 駅出口「河田口」すぐ隣には東京都選定歴史的建造物にも選ばれている「小笠原伯爵邸」があります。約1,000坪の広大な敷地の中には、意匠を凝らした優雅な佇まいの建物が建っています。そこではイタリア料理を提供するダイニングが営業しており、日常とは離れた特別感のある空間が広がっており、遠方からも多くの人が訪れる人気店となっています。
  • また、いちご大福を初めて作って全国に広めた店として知られている、有名な和菓子の老舗店もあります。
  • 若松河田駅500M圏内の飲食店の数は83件でそのうち、居酒屋が21件、カフェ8件、ラーメン2件となっています。ランキングではてんぷらや海鮮料理など和食を取り扱う店舗が多くランクインしています。
  • 若松河田駅 / 徒歩10分圏内の平均坪単価 約 14,233円(2021年7月時点 / 当社独自データより算出)

公共施設・商業ビル

東京女子医科大学病院 / 国立国際医療研究センター病院 / 戸山公園

大学・専門学校

東京女子医科大学

祭り・イベント

ここ・からまつり

主要導線名

女子医大通り

病院関係者や利用者・学生・地元住民など幅広い属性や年齢の方が行き交う通りです。東京韓国学園や韓国人向けの塾や不動産屋などもあり、ハングル語の電柱広告が目立ちます。

大久保通り

飯田橋駅交差点から大久保通り入口交差点付近まで延長9KM伸びる通り。駅周辺では国立国際医療研究センターや、若松商店会が通り沿いに位置しています。昔から地元に愛されている個人飲食店が多いようです。



この記事をシェア

こちらの記事も読まれています

居抜き物件を探す - 注目物件

居抜き物件の内覧会に参加する