活動・飲食ニュース

国内最大級のホテル・レストラン・フード業界の展示会「HCJ2023」開催

2023.01.23

一般社団法人日本能率協会は、ホテルやレストランなどホスピタリティとフードサービス業界における国内最大級の商談専門展示会「HCJ2023(エイチシージェー2023)」)を2月7日(火)から10日(金)の4日間、東京ビッグサイト東展示棟にて開催いたします。
 

700社、1,880ブース以上が出展人手不足やインバウンド需要に対応する最新サービスや多様化する日本のサウナ文化を牽引する製品も多数展示

 

長引くコロナ禍を乗り越え、観光需要の本格的な回復が期待される2023年は観光産業にとっては再スタートの年となります。また、水際対策緩和により多くの訪日外国人観光客が再び訪れることが想定されています。日本が観光立国を実現するために、コロナ禍で加速した人手不足の解決、2030年までに達成すべきSDGsへの対応、政府が促進する富裕層旅行者の誘致に向けて観光サービスの高付加価値化などに取り組んでいく必要があります。

HCJ2023は、日本の観光産業が進化していくための情報発信、ビジネスマッチングの創出を目的に開催します。
HCJ2023は、「第51回 国際ホテル・レストラン・ショー」「第44回 フード・ケータリングショー」「第23回 厨房設備機器展」から構成される三展示会の総称で、708社、1,885ブース(予定)が出展します。  今回は、各種テクノロジ―による顧客体験価値向上と生産性向上をサービス業界に向けて提案する「サービス業×テクノロジーEXPO」、空前のブームを迎えているサウナ文化を牽引する製品を多数展示する「テルマエJAPAN」、など、多様な企画を開催いたします。また、各業界の第一人者による講演会やセミナー、サステナブル食材をテーマに、ライブキッチンステージで調理したメニューの試食・試飲など、全4日間、様々なコンテンツをご用意しています。

HCJ2023開催概要

HCJ2023は、サービス産業界の課題の中でも以下3点を重視して開催します。

1. 安心、安全なサービス環境の確保ならびにSDGs対応の促進
2. デジタル技術の導入による生産性向上・人手不足対策
3. 地方創生に資する地域産品の全国展開、観光サービスの高付加価値創出

会期:2月7日(火)〜2月10日(金)10:00~17:00(最終日は16:30まで)
(報道受付:9:30〜)

会場:東京ビッグサイト 東展示棟1~8ホール(東京都江東区有明3-11-1)

主催:▼第51回国際ホテル・レストラン・ショー
一般社団法人日本能率協会/一般社団法人日本ホテル協会/
一般社団法人日本旅館協会/一般社団法人国際観光日本レストラン協会/
公益社団法人国際観光施設協会
▼第44回フード・ケータリングショー
公益社団法人日本給食サービス協会/一般社団法人日本弁当サービス協会/
公益社団法人日本メディカル給食協会/一般社団法人日本能率協会
▼第23回 厨房設備機器展
一般社団法人日本厨房工業会/一般社団法人日本能率協会

展示規模:708社 / 1,885ブース(予定)

URL:https://jma-hcj.com/

入場登録料:無料
※ご来場には(https://www.jma-buyers.com/hcj/jp/registration.php)より
事前登録が必要です。
(本展示会に関連する業界関係者以外の方および16歳未満の方は入場不可)

出展企業・製品 セミナー情報:オンライン展示会(https://www.jma-buyers.com/hcj/jp/)にて公開中。
※閲覧には事前登録が必要です。
その他:本展の新型コロナウイルス感染対策については以下をご確認ください。 https://www.jma.or.jp/corona/exhibition.html

HCJとは

以下、三展示会の英文名称の頭文字を取って「HCJ(エイチシージェイ)」と総称しています。
・外食・宿泊・レジャー業界に向けた商談専門展
「国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)」
・給食・宅配サービス業界に向けた商談専門展
「フード・ケータリングショー(CATEREX JAPAN)」
・セントラルキッチンを含む総合厨房・フードサービス機器の商談専門展
「厨房設備機器展(JAPAN FOOD SERVICE EQUIPMENT SHOW)」

プレスリリース詳細



この記事をシェア

こちらの記事も読まれています

居抜き物件を探す - 注目物件

居抜き物件の内覧会に参加する