活動・飲食ニュース

七夕祭りは毎年大盛況!阿佐ケ谷で飲食店向け物件を探している方は要チェック

2019.07.16

阿佐ケ谷駅は中央線の杉並区停車3駅の中の一つです。約240店舗が連なる阿佐谷パールセンターは、地元客が集客の大半を占める地域に愛された商店街。毎年行われるイベント開催の開催時には多くの人が訪れます。パールセンター以外にも居酒屋や焼き鳥屋などが立ち並ぶ飲み屋街があり、近隣住民の方を中心に、のん兵衛やせんべろを楽しむ方を集客できる出来る魅力的な立地です。

駅名 / 駅所在地

駅名 阿佐ヶ谷
駅所在地 東京都杉並区阿佐谷南3丁目1−20

路線 / 乗降客数

JR中央総武線 46,089人
乗降者数:計 46,089人
※1日平均の乗車人数:JR中央総武線(2018年度 鉄道会社HPより)

各出口の特徴

北口 駅の目の前にはイトーヨーカドーが営業しているビルがあります。また、中杉通り挟んだ反対側には西友があるため買い物客が行き交います。
南口 阿佐ヶ谷パールセンター商店街の入り口があり、小売店を中心に様々な店舗が営業しています。西側は、かわはた通りを中心に居酒屋などお酒を楽しめる店が多くなっています。

街の立地特性

商店街 / 住宅街

街の特徴

  • 中杉通りのケヤキ並木や阿佐ヶ谷パールセンターを中心とする駅。駅を中心に東西南北どの方向にも商店街が存在しており、中でもパールセンターは約240店ものお店が連なり、七夕祭りや阿佐ヶ谷ジャズストリートといったイベントも毎年開催されている一番街やスターロード、かわはた通りには所狭しと飲食店が軒を連ね、飲み屋街の雰囲気が漂います。
  • 阿佐ヶ谷という地名の由来は、江戸時代にこの地域を支配していた阿佐ヶ谷氏という一族の名前から取られたと言われています。その当時は武家屋敷が集まる町でしたが、その後は文明開化で一般市民の住宅に取って代わり、その街並みが変化していきました。関東大震災後、被害の大きかった墨田区や台東区から住民が流入したため住民が急激に増加し市街地化がさらに加速していきました。
  • 中央総武線快速電車は平日と土日祝日で停車駅が変わります。土日祝日は新宿から吉祥寺方面に向かう中央線の停車駅が、新宿・中野・荻窪となり、阿佐ヶ谷には止まらないので注意が必要です。

大型施設・商業ビル

西友

祭り・イベント

阿佐ヶ谷七夕まつり / 阿佐ヶ谷飲み屋さん祭り / 南阿佐ヶ谷すずらんまつり

主要導線名

パールセンター

小売店を中心に約240店の店が並ぶメインストリート。小売店が中心ですが、次いでカフェや整体系が多くなっています。地元住民で賑わう阿佐ヶ谷の中心地的存在です。

スターロード

北口から西側に展開する飲食店通り。比較的小規模なの飲食店が中心で、ディナータイムの営業がメインのお店が多いです。

中杉通り

自動車やバスの交通量が多いです。駅寄りには飲食店が集まっていますが、少し離れると雑居ビルやマンションが建っています。



阿佐ケ谷 (JR中央・総武線)の居抜き店舗物件を見る

この記事をシェア

こちらの記事も読まれています

居抜き物件を探す - 注目物件

居抜き物件の内覧会に参加する