活動・飲食ニュース

横浜には何がある?飲食店に適した人通りの多い駅出口や通りを知りたい方へ

2019-07-17

JR東海道線、京浜東北線、東急東横線…7路線が利用できる神奈川県最大級の駅です。観光に遊びにグルメにもってこい!構想商業施設の多い繁華街です。言わずと知れた観光スポット、横浜アリーナ、横浜ランドマークタワー、スカイビルはもちろん、そごうや地下街の横浜ポルタ、2019年春開業の「アソビル」など、体験型エンターテインメントもたっぷり。2020年開業予定のJRタワー(駅西口)にも大注目!

駅名 / 駅所在地

駅名 横浜
駅所在地 横浜市西区高島二丁目16

路線 / 利用状況

JR線(東海道線等) 423,651人
東急東横線 367,023人
京急本線 323,668人
相鉄線 428,218人
市営地下鉄ブルーライン 143,618人
みなとみらい線 207,635人
乗降者数:計 1,893,813人
※1日平均の乗車人数:JR線(2018年度 鉄道会社HPより)
※1日平均の乗降客数:東急東横線(2018年度 各鉄道会社HPより)/京急本線・相鉄線・みなとみらい線(2017年度 各鉄道会社HPより)

各出口の特徴

東口・みなみ東口 高島町方面やみなとみらい方面に近い出口。駅前には東海道や首都高速が通っており車の交通量が多い。オフィスビルや商業施設などの中高層の建物が多い。
西口 大きなロータリーあるのが特徴のメイン出口。百貨店や高級ホテルが林立している。大学や専門学校もこの出口周辺に固まっているため、ショッピングする人から学生まで幅広い属性の人が集まる。
きた西口 横浜MORE'Sが近い出口。近年再開発が進む鶴屋町方面へのアクセスが良いため、今後の発展が期待されている出口の1つである。
みなみ西口 パルナード通りが目の前に走る通り。その通りの周辺は繁華街となっており、日中だけでなくディナー帯・深夜帯まで人通りが絶えない。岡野町方面へ抜けるのに便利。

街の立地特性

繁華街 / ビジネス街 / 学生街

街の特徴

  • 神奈川県内最大規模の駅。計8路線が乗り入れているで、1日200万人近い利用者が行きかうビッグターミナルとなっている。伊豆・小田原方面から千葉方面、八王子方面など各都県の主要都市に乗り換えなしで向かうことができる利便性も兼ね備えている。神奈川県内最大規模の駅。計8路線が乗り入れているで、1日200万人近い利用者が行きかうビッグターミナルとなっている。伊豆・小田原方面から千葉方面、八王子方面など各都県の主要都市に乗り換えなしで向かうことができる利便性も兼ね備えている。
  • 横浜駅は1872年に開業した。日本で初めて開業された鉄道駅の1つとして機能していたが、初代の駅舎は現在の桜木町駅の位置にあった。1910年代の他路線の延線工事に伴い新駅舎に横浜駅の名を譲り、初代横浜駅は1915年に「桜木町駅」に変更された。現在の横浜駅は3代目の駅舎であるが、改良・増築工事が続いており「日本のサグラダファミリア」と呼ばれることもある。
  • 駅周辺の商圏は非常に広い。商業ビルや百貨店は駅直結の施設がほとんどのため、雨にぬれずにショッピングを楽しむことができる。また駅周辺の地下にはPORTAという地下街が広がる。西口の中心地を担うのはプロナード通りである。大箱の飲食チェーン店がこぞって出店するなどその人通りは終日の新宿や池袋と引けを取らない。近年では、駅舎や周辺地域の再開発から鶴屋町での出店の人気が高まっている。

大型施設・商業ビル

ルミネ / そごう横浜店 / 高島屋横浜店 / 相鉄ジョイナス

企業・オフィス

オカムラ / 相鉄ホールディングス / 日産 / 成城石井

大学

歯科医療専門学校 / 情報セキュリティ大学院大学 / 横浜医療専門学校 / 横浜調理師専門学校 / グレッグ外語専門学校 / 情報科学専門学校

祭り・イベント

横浜開港祭

主要導線名

東海道

東側に通る主導線。車の交通量がとても多く、上には首都高速道路が通っている。周辺にはオフィスビルや大規模商業施設が建っている。

環状1号線

神奈川駅近くを通る東海道から派生する。横浜駅の西側を通り南下していくため、車両交通量は非常に多い。

パルナード通り

みなみ西口から岡野町交差点方面に伸びる導線でVIVREや大型量販店など多くの店舗が並び人通りも多い。メインストリートの1つである。



横浜 (JR東海道本線(東京~熱海))の居抜き店舗物件を見る

この記事をシェア

こちらの記事も読まれています

居抜き物件を探す - 注目物件

居抜き物件の内覧会に参加する