活動・飲食ニュース

名店勢ぞろい!ラーメン激戦区の高田馬場駅には学生向けがコンセプトの飲食店が多数出店しています

2019.08.07

高田馬場駅周辺には早稲田大学や学習院女子大学など多くの学校があります。昼夜問わず学生が行き交い、「安くて量が多い」がコンセプトの飲食店が出店しています。比較的若い男性が多い地域からか、駅10分以内にはラーメン店が60軒ありラーメン激戦区の名に恥じない出店数の多さと店の質があります。外国人のための日本語学校と学生寮があり、外国籍の集客にも期待できる地域です。

駅名 / 駅所在地

駅名 高田馬場
駅所在地 東京都新宿区高田馬場1-35-2

路線 / 利用状況

JR山手線 211,687人
西武新宿線 305,741人
東京メトロ東西線 204,848人
乗降者数:計 722,276人
※1日平均の乗車人数:JR山手線(2018年度 鉄道会社HPより)
※1日平均の乗降客数:西武新宿線・東京メトロ東西線(2018年度 各鉄道会社HPより)

各出口の特徴

早稲田口 駅北側に位置するメイン出口。早稲田通りに面しており、BigBoxやドン・キホーテが目の前にあるのが特徴です。
戸山口 駅南側に位置する出口。JR線の線路沿いに細い道が続いており、その道を南下していくと西戸山公園方面に向かうことができます。
出口1,2 JR線、西武線の改札に近い出口。これらの路線の乗り換えに便利です。
出口3,4,5 東口駅前広場に面しており、出口付近にBigBoxやドン・キホーテがあります。
出口6,7 早稲田通りに面する出口です。出口の中で最東端にある出口であるため、馬場口交差点や西早稲田方面へ向かいやすいのが特徴です。

街の立地特性

繁華街 / 学生街

街の特徴

  • 近隣に大学や専門学校が多数存在することから学生をはじめとした若者が多い街です。楽器を背負った人や大学生の集団などが早稲田通りを中心に行きかうため、昼夜問わず人通りが絶えません。駅周辺に外国語学校などが多く、それに関連した宿泊施設や寮などもあるため、アジア系の留学生が非常多いエリアとなっています。また、諏訪通りや新目白通りに企業のオフィスも多いためビジネス街としての一面もあります。
  • 高田馬場という地名の由来は江戸時代まで遡ります。当時この辺り一帯は高田と呼ばれていましたが、徳川家光の命で馬場(馬術を稽古する広場)がつくられました。このことにより段々と「高田にある馬場」から高田馬場と呼ばれるようになったと言われています。馬術の稽古をしていたという歴史は毎年秋に行われる「高田馬場流鏑馬(たかだのばばやぶさめ)」に受け継がれており、流鏑馬の披露や騎馬が街を練り歩くなどの内容で毎年恒例のイベントとなっています。
  • 早稲田通り沿いを中心に商圏が広がっています。西はシチズンプラザあたりまで、東は馬場口交差点あたりまで、大手チェーン店を中心に飲食店が軒を連ねます。特にラーメン店が数多く出店し、神田・秋葉原などと並ぶ「ラーメン激戦区」の代表と呼ばれることもあります。早稲田通りから一本裏に入ると住宅が広がっているエリアもあり、また違った高田馬場の「顔」を見ることができます。

大型施設・商業ビル

BIGBOX / 新宿ガーデンタワー / 早稲田松竹 / シチズンプラザ

企業・オフィス

エステー / 大正製薬 / マルコメ / 白十字 / 東亜ディーケー / 東亜ディーケー / 宝印刷

大学

早稲田大学 / 東京富士大学 / 学習院女子大学

祭り・イベント

高田馬場流鏑馬 / 高田馬場まつり / ふれあいフェスタ

主要導線名

さかえ通り

東京富士大学に続く道幅の細い飲食店街。学生向けの単価の安いファストフード店や居酒屋が並びます。

早稲田通り

九段下から上井草方面をつなぐ非常に長い通りですが、高田馬場駅周辺では人通りが最も多いメインストリートとなります。

明治通り

早稲田大学や学習院女子大学の目の前を走る通り。飲食店や住居がバランスよく並び、車両交通量が多いです。早稲田通りとぶつかるところを馬場口交差点と呼び、駅方面へ向かう玄関口です。

諏訪通り

山手線と平行に走る通り。小滝橋交差点から西早稲田方面に向かうと通り名の由来にもなった諏訪神社があります。

新目白通り

通り沿いはオフィスビルが建ち並びます。飲食店の出店はあまり多くありません。



この記事をシェア

こちらの記事も読まれています

居抜き物件を探す - 注目物件

居抜き物件の内覧会に参加する