LINE友達追加キャンペーン!友達追加とアンケート回答でamazonギフト1000円分が抽選で50名様に当たる! 期間:7月8日(月)~8月5日(月)まで

活動・飲食ニュース

外食産業5月、物価高騰は節約志向のメニューで対応

2024.07.02

一般社団法人日本フードサービス協会より、協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査2024年5月度の集計結果が発表。「外食産業市場動向調査」は新規店も含めた「全店データ」を業界全体及び業態別に集計し、従来の前年同月比に加えて2019年同月比も算出し掲載。以下リリースより。

外食市場 2024年5月の動向

<全体概況>

5月は新型コロナの感染対策規制が緩和され5類移行となってちょうど1年、前年より土曜日が1日少なかったものの、人流の活発化で外食全体の売上は前年比106.3%、
19年比115.0%となった。ただ、円安傾向の継続により旺盛な訪日外客需要が売り上げを押し上げている一方で、物価高騰に悲鳴を上げる国内消費者はより一層の節約志向に傾き、高品質で値頃感のある商品への支持が強まっている。

<業態別概況>

ファーストフード業態

  • FFは、引き続き好調で、売上106.1%、19年比では127.7%となった。
  • 「洋風」は、連休明けの割引率の高い販促が奏功し、売上は104.0%。「和風」は、連休後に勢いが弱まるも、モバイルクーポンなどで挽回し、売上110.7%。「麺類」は、連休明けも外国人団体客の増加、気温が高めの日の冷たい商品の売れ行き好調などで、売上108.0%となった。「持ち帰り米飯/回転寿司」は、物価高騰に対応した低価格路線がとくに西日本地域で好調で、売上は102.1%。「その他」は、客単価が高めの新メニューが連休明け以降好調で、売上112.8%となった。

ファミリーレストラン業態

  • FRは全体売上107.0%、19年比で105.5%となった。「洋風」は、12日の母の日以降減速の動きも見られたが、人気アニメとのコラボやテレビ露出などが奏功し、売上は107.6%となった。「和風」は、夜間の集客は引き続き停滞気味だが、10人程度の小規模宴会の需要が増え、売上107.7%。「中華」は、キャンペーンによる好調が続き、売上108.3%。「焼き肉」は、値上げの影響で鈍っていた客足が戻り、高品質で値頃感のあるメニューが連休も近場で済ませる節約志向の消費者に好評で、売上102.8%となった。

パブ・居酒屋業態

  • 「パブ・居酒屋」は、「パブ・ビアホール」で都心部の人流が戻りつつあり、ターミナル駅周辺での集客増が目立ち、「居酒屋」は夜遅くの集客の伸び悩みがあるものの、宴会規模は小さめだが海外からの来客も見られ、売上105.5%、19年比71.7%となった。

ディナーレストラン業態

  • 連休後にやや客足が落ちたが、法人利用の鈍い回復を近畿地方をはじめとしたインバウンド需要が補い、売上103.3%、19年比100.5%となった。

喫茶業態

  • 全体的な人流増が集客につながり、販促キャンペーンや季節メニューの強化と相まって、売上107.9%、19年比では114.5%となった。
外食産業5月の売上高と店舗数の伸び率推移データ
外食産業5月の全店時系列データ、前年同月比のグラフデータ
リリース本文は、こちらのURLからご覧ください(PDF)

資料提供:一般社団法人 日本フードサービス協会

【関連記事】

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年



この記事をシェア

こちらの記事も読まれています

居抜き物件を探す - 注目物件

居抜き物件の内覧会に参加する